« 間で美味しく変身 | トップページ | 地獄とまでは言 »

2014年6月30日 (月)

源泉でもある

赤い一個のりんごがDream beauty pro 脫毛ある。
白い表紙。
その表紙をひらくと、黒いトビラがある。
白抜きの文字で、タイトルは『叫び』。詩の言葉たちが待っている。

私の声に耳をそばだてて

これは言葉だろうか、叫びだろうか。

でなきゃ その大きなナイフで
私を一突きに 殺してしまいなさい

やはり、これは叫びだった。しかも悲痛な叫びだった。
さらに、トビラの裏に大きくプリントされた血文字、「死ぬまえに生きろ」と。
Dream beauty pro 脫毛い叫び、命の声が聞こえてくるようだ。

血で書かれた徴(しるし)は、しばしば死を暗示するものであろう。
同じく血は、生きることの命の源泉でもある。
死のうとして、失われていく命を目の当たりにしたとき、血という命のしずくに、ひとは反動として、生きようとする真の衝動をも受け取るのかもしれない。
生と死の境界に、その痕跡として残された血文字について、作者は自分の傷を語るために敢えて掲載したと述懐している。
この詩集は、そんな傷から発せられた言葉の叫びでDream beauty pro 脫毛ある。

« 間で美味しく変身 | トップページ | 地獄とまでは言 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2002113/56655993

この記事へのトラックバック一覧です: 源泉でもある:

« 間で美味しく変身 | トップページ | 地獄とまでは言 »

無料ブログはココログ